loading

Now Loading...

ホンモノの競馬情報を紹介の評価・評判・口コミ

悪徳サイトバナー
口コミ件数:0

ホンモノの競馬情報を紹介の評価

総合評価

1.56 /10

口コミ数 0件
的中率
回収率
払戻金
口コミ
無料予想
rate 良い
 
0件
rate まあまあ
 
0件
rate 普通
 
0件
rate 微妙
 
0件
rate 悪い
 
0件

本物と偽物の違いは?と聞かれたら「嘘か誠か」以外に思いつかないため類似語じゃん、と言われればそれまでだが、彼等のホンモノとは一体何を指しているのだろうか。

ホンモノの競馬情報を紹介というサイト名をしているから察するに、的中=ホンモノという例えで表現していることが大いに考えられるが、であれば、ホンモノかニセモノかの判断は結果論でしかない。

ホンモノへご招待します・・・的中をプレゼントします、なんて捉え方も可能な気がするし、だとするなら現時点でホンモノの競馬情報を紹介は悪徳サイト極まりない、約束などとんでもないぞ。

それに加えて画像の上部には【キャンペーン中】の文字と共に指定された日時までのカウントダウンが開始されているが、ユーザーに登録を煽るために用意された運営側の仕様でしかないから、特定の時間内に登録したところで特別感はなく、勝手に設定されたモノでしかない。

ホンモノの競馬情報を紹介に限らず悪徳認定されている競馬予想サイトに見られる方法だから、上部のカウントダウンが使用されているというだけでも悪徳サイトよりではないのか?

疑う他ないだろ。

ホンモノの競馬情報を紹介の評価と評判を基に検証してみた!

ホンモノの競馬情報を紹介という競馬情報サイトを発見したので検証してみる。

ホンモノの競馬情報を紹介には特商法の表記が一切記載されていないため、運営に関する情報は些細なことでも不明、個人情報の取扱程度でユーザーに会社の情報を公開するつもりはなさそうだ。

ドメイン取得日は2017年11月26日ということで、運営を開始してから最長で1週間も経過していないかなり新しいサイトだと判明したが、その程度の経験でユーザーに「ホンモノ」を提供するというのか?

怪しすぎる。

あくまでも推測と個人的な意見が入るため確信を得られる要素ではないが、自身の評価で確信を得られる情報として取り入れるだけでも1年以上の実績は必要になり、それさえもサンプル程度として考えるのであれば3年〜5年間程度は同一の方法で馬券を購入し結果を残したいが、ホンモノの競馬情報を紹介はわずか1週間程度でしかも情報提供は今回が初めて。

適当にも程がある。

ホンモノの競馬情報を紹介はLPで作成された安っぽくゴミみたいなサイトで、どれだけ信憑性を得られることが説明されていたとしても疑ってしまうレベルで質素。

競馬予想サイトとはお世辞でも言えない。詐欺軍団が作成したマルチ紹介ページ程度だろ。

そんな彼等がホンモノを提供できる理由として掲げられている内容はコチラ。

2億円の調査費をかけ、1900人の調査員が、1年以上の検証を調査する・・・。

どれだけ大規模な企業の方法だ?その辺の老舗サイトよりも徹底しているぞw

やり方や突き止める方法だけを参考にするとするならばホンモノの競馬情報を紹介を上回るサイトは存在しないだろうが、約2億円の調査費をかけるくらいならその2億円で馬券を購入した方が良くないか?

ホンモノの競馬情報を紹介程度のサイトが1900人もの調査員を雇っているとも考えづらく、仮に、1900人の調査員が1年以上の検証を調査しているなら会社名くらいは公開しているはず。

ホンモノの競馬情報を紹介と母体のサイトは運営が別とでも言うのか?考えづらいな。

しかも調査の内容はあくまでもGoogleなどの予想結果から厳選しているにすぎない。

つまり、Googleの検索結果やTwitterで予想している人々の中には絶対に的中させまくっているユーザーがいるから、2億円使って1900人に調査依頼をだし年間を通してマジで当る人を探すということ。

雑だなw 毎週予想するとも限らない、公開している情報が後出しかもしれない、検索結果から表示される内容が真実かもわからないから、冷静に考えて調査などできるはずがなく答えも出されない。

にも関わらず、この調査結果から2人の馬券師が該当したためホンモノの競馬情報を紹介はその馬券師に予想を依頼しているという話。

のはずなのだが・・・、彼等は名前を検索しても該当するページは表示されず、ホンモノの競馬情報を紹介が一体何を基準に選ぶことができたのか一切不明。

検索結果から調査しているはずなのに何故彼等は検索結果に表示されないのか・・疑いしか生まれない。

ふたりとも「三連複1点万馬券」「的中率82%の馬単」など「とても非現実的な実績」を掲げている点も含めて怪しさしか感じられず、とてもじゃないが彼等が稼げる馬券師として認めるには値しない。

お互いのやり取りなどを掲載してユーザーにリアルを提供していると思われるが、実際に岡上浩をGoogleで画像検索してみると以下の画像が「一致した画像を含むページ」として表示された。

なぜ全く関係のない彼等が岡上浩の画像と「一致した画像を含むページ」として表示されたのか、考えられる理由は画像の加工対象になっているから、以外にあり得ないだろう。

本来、同様の画像が表示されない場合、全く異なる場合は「類似した画像」という括りにしかならないため、一致した画像を含む時点で何らかの関係性があることになる。

この時点で岡上浩はほぼ黒に近いグレー加工して作成された存在しない人物が濃厚。

棚倉に関しては画像で検索しても引っかかることはなかったが、話し合いの中で話題に出ている「ジャパンカップ」の結果や考察はあくまでも後日談、ドメイン取得日にジャパンカップが開催されている時点で、彼の予想が開催日よりも前に話されていたかどうかの判断はできない。

あたかもそれっぽい内容で記載されているため信じてしまう可能性は高いが、結果が出た後の予想など容易く現実味を帯びる書き方も簡単。

後出しサイトに興味はない。

リアルを感じさせユーザーを騙す気満々、ということ。

どうせ登録して情報を提供されても的中しないだろう。無料でも外せば投資金額は返ってこない。

知識がなく競馬に携わったことがなければ信じてしまうかもしれないが、どんなに理想的な的中実績や自信満々の表現を使っていたとしても、確かな証拠がない以上は疑う気持ちを忘れず冷静な判断ができるようにして欲しい。

そもそもランディングページ程度のデザインで作成された予想サイトなんてそんなもん。

断定できる要素が多すぎて既に悪徳サイトだといい切れるレベル。

ホンモノの競馬情報を紹介の的中実績はねつ造されている

ホンモノの競馬情報を紹介が掲載している実績は、紹介されている馬券師がこれまでに的中させてきたとされる結果でしかないため、これからの予想も同じように的中するかどうかの判断には結びつかず、サイトから提供されている情報ではないため信用できない。

1点で的中させることができ10000%を超える回収ができているなら、ホンモノの競馬情報を紹介などを通して予想を提供する必要はなく、今まで表に出てこなかったのならこれからも姿を公開する必要もないのに、何故今になって実績まで公開するのか。

怪しむ点を探したらキリがないため割合するが、画像は岡上浩の実績であるが故にねつ造されていると断定できてしまうからそれだけで充分だろう。

完全にクソサイト。言い逃れはできない。

ホンモノの競馬情報を紹介と同一運営の可能性があるサイト

ホンモノの競馬情報を紹介と同一運営の可能性があるサイトについて調べてみた。

ホンモノの競馬情報を紹介の運営は他にも競馬予想サイトを運営している。

これがホンモノの競馬情報を紹介に負けず劣らず、くだらないサイトばかりw

例えば・・・

馬喰千川の馬券

>3本の矢で万馬券を居抜き見返す。(馬単3点)

武藤式投資馬券

月に350万円の利益を生み出す馬券で安心と信頼。(三連複6点)

億を稼がせる至上の三連単

>人数制限があるが3連単で億万長者になれる。(三連単1点)

冷静に考えればすぐに嘘だとわかるサイトばかりw

嘘をついてお金を取る行為を詐欺と言います。オレオレと変わらない。

ホンモノの競馬情報を紹介はこんな感じの詐欺サイトを運営しているグループのサイトの1つ。

ちなみにこのグループがこれまでに運営していたサイトは500サイト以上あり、嘘だらけだからトラブルも多いのだろう。

作る」→「閉鎖する」→「作る」を繰り返している。

このグループが作る競馬予想サイトはコンセプトは毎回変わるものの、細部が同じだからすぐにわかる。

例えば・・・

これは昴の5ステップの的中実績。

コレは今回のホンモノの競馬情報を紹介の的中実績・・・。

完全一致www

しかも、このグループの競馬予想サイトは全て「DigiRock, Inc.」というサーバを使っている。

ホンモノの競馬情報を紹介のような雰囲気でサーバがDigiRock, Inc.だったらアウト。
絶対に利用してはいけない詐欺競馬予想サイトである可能性が99.9%。

週に5〜6個新しい競馬予想サイトを作るこのグループに騙されないようにするためには、1つのサイトを危険だと認識するだけでは不十分。

このDigiRock, Inc.サーバー利用グループの運営サイトだと自分で気付かなくてはいけない。
うまネタ.netでも可能な限り取り上げるつもりではいるものの、数が多いので全てをカバーできない可能性もある。

少しでも怪しいと感じたら利用を避けるようにしよう。

ホンモノの競馬情報を紹介の口コミ 評価 評判のまとめ

ホンモノの競馬情報を紹介の検証を終わります。

検証の結果・・・ホンモノの競馬情報を紹介は悪徳サイトと断定!

誰かを見返すどころかホンモノの競馬情報を紹介に登録すると的中しないわ金はなくなるわ最悪、記載されている内容に真実は1つもなくハナからユーザーを騙すことだけに着目しているクズサイト。

充分に悪徳サイトと決めつけられる材料ばかりだが、DigiRock, Inc.サーバー利用グループが運営しているという時点でアウト。

同様のサイトを見つけた場合はむやみに登録せず、うまネタ.netの記事や検証サイトを参考にするのは勿論だが、うまネタ.netが検証済みとしている優良サイト以外の利用は控えるようにしよう。

私の主力サイトを公開します

以下のサイトは私が実際に利用し、安定してプラス収支を維持できている競馬予想サイトです。

悪徳競馬予想サイトとの「差」はすぐに実感できると思いますので、一度試してみてください。

競馬学会

05/24 新潟12R 火打山特別で532,020円
05/24 京都04R 3歳未勝利で763,800円
05/24 京都01R 3歳未勝利で826,600

的中率と払戻金のバランスがとても良いです。迷ったらココがオススメです。

万馬券コンボ

05/24 東京07R 4歳上1勝クラスで911,280
05/24 東京04R 3歳未勝利で277,770円
05/24 京都01R 3歳未勝利で619,950円

非常に的中率が高いのですぐに安定します。また、無料予想の精度が高く使いやすいです。

ホライズン

05/24 京都12R 4歳上2勝クラスで1,191,840円
05/24 京都06R 3歳1勝クラスで817,680円
05/23 新潟10
R 早苗賞で1,340,640円

払戻金(高配当)を重視したサイトですが、的中率もそれなりに高く稼ぎやすいです。

どれか1つを選ぶ場合、総合力を重視するなら競馬学会、安定感を重視するなら万馬券コンボ、払戻金を重視するならホライズンでしょう。

正直、全部登録しておいてタイミングで使い分ける感じにすると損をしないと思います。

安定するまでは万馬券コンボを使い、安定してきたら競馬学会・ホライズンで勝負していくイメージです。

負けが続いてしまったら、万馬券コンボに戻り、また安定したら競馬学会・ホライズンにシフトしましょう。

1〜2ヶ月これを続けてもらえばまず軌道に乗ると思います。

プラスで重賞レースに強いうまライブも抑えておけばさらに固くなるでしょう。

4サイトをチェックするのは慣れるまで大変かもしれませんが、競馬で稼ぎたいのであればその程度の手間を惜しんではいけません。

私も含め競馬で安定して勝っている人はこの程度の手間を惜しむことはありません。むしろ、手間だと思うのは最初だけで毎月口座に入る金額を見れば面倒だという気持ちはすぐに消えるでしょう。

せっかく、うまネタ.netを見て頂いたのですから是非、アナタも勝つための1歩を踏み出してみてください。

ホンモノの競馬情報を紹介の口コミ投稿フォーム

Comment *

画像添付はこちらからお願いします

サイト名 ホンモノの競馬情報を紹介
サイトURL http://www.choi-st.com/select/
運営会社 セレクション
運営責任者名 -
電話番号 -
メールアドレス [email protected]
所在地 -
IPアドレス 202.172.28.161
ドメイン取得日 2017年11月26日
サーバー会社 DigiRock, Inc.